上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トランペット協奏曲と言えばまず思いつくのがハイドンとフンメルですよね。
トランペットを勉強していく過程で必須課題とも言うべき2曲ではないでしょうか。私もこの2曲は高校のときにずいぶん練習し、コンサートでも何度か演奏しました。

私は個人的にフンメルのほうが好きなのですが、このフンメルのトランペット協奏曲、実は原曲はホ長調なんですよね。
この曲は昔からたくさんのトランペット奏者がレコードやCDを出してますが、ほとんどが変ホ長調でレコーディングされてます。

変ホ長調の場合、たとえばB♭管では♭が1つですが、ホ長調だと♯が6つになっちゃいます。で、現在の楽器事情により、便宜的に変ホ長調に移調した楽譜が使われることが多いのです。

変ホ長調の演奏を聴きなれている人が原調のホ長調の演奏を聴くと、大変明るい印象を受けると思います。

ところが原調で演奏しているCDを探してもなかなか見つけることができません。
そこで今回は、フンメルのトランペット協奏曲を原調のホ長調で演奏しているCDを紹介しようと思います。


Trumpet Concerto
Trumpet Concerto
まずは私の大好きなトランペット奏者、ジェラルド・シュワルツ(Gerard Schwarz)が1979年に録音したCDです。
ジェラルド・シュワルツは、ニューヨーク・フィルやアメリカン・ブラス・クインテットなどでその天才ぶりを発揮し、その後指揮者として活躍。現在トランペットの演奏活動をされているのかはわかりません。
シュワルツの演奏は、音色、音楽性、テクニックとすべてが素晴らしく、私のツボのド真ん中にはまります。
そしてこのCDは嬉しいことに、ハイドンとフンメルの2曲が収録されています。
ハイドンの第一楽章のカデンツァでは、シュワルツの超絶技巧を発揮しており、これも聴きどころです。
柔らかい音色、そして粒揃いの軽やかなシュワルツの演奏は一度聴いてみる価値はありますよ。


ザ・ロンドン・コンサート
ザ・ロンドン・コンサート
もう1枚、原調のフンメルが聴けるCDはジャズ・トランペッターのウイントン・マルサリス。
この人は高度なテクニックと独特な音楽観を持ち、ジャズ界ではそのテクニックがイヤミに感じられるのか、やや異色なトランペッターという見方をする人も多く、好き嫌いが分かれていますね。
しかしこのCDを聴けばその上手さは一聴瞭然。完全にクラシックの演奏に徹しており、ジャズ・トランペッターということを感じることはできないでしょう。
原調のフンメルは大変明るい印象を受けると思います。ハイドンも収録されていますが、ま、どれもとにかく上手いです。

YouTubeでウイントン・マルサリスがフンメルを原調で演奏している映像を見つけました。3楽章のみですが。
この映像を見る限り、楽器はシルキーのG1LにE管用ベルを付けたものに見えます。

多くのトランペット奏者は、ハイドンや変ホ長調のフンメルを演奏するとき、E♭管を使います。しかし、フンメルを原調で演奏する場合、E♭管では非現実的ですよね。
そこでヤマハには、原調のフンメルを演奏するためにE管(YTR-9635)があります。
ヤマハの公式サイトの「E管」のところにはっきりと「フンメル作曲の『トランペット協奏曲』を演奏するために特別に作られたトランペットです。」と書かれています。


できることなら一度E管のトランペットで原調のフンメルを吹いてみたいです。気持ちいいだろうなぁ。
コメント
CRYSTONから出ているハンスガンシュのCDもフンメルがE調でした。
おまけにローターリーのB♭で演奏しているとか・・・恐ろしいですわ
2010/08/22(Sun) 22:59 | URL | kny | 【編集
knyさま
大変貴重な情報をありがとうございます。
今日さっそくアマゾンでそのCD注文しました!
ほんとにB♭管で吹いているのか気になります。
ところで以前掲示板でお会いしてたり・・・?
ブログも少しだけ拝見しました。今度じっくり読ませて頂きます。
2010/08/23(Mon) 01:00 | URL | 管理人 | 【編集
そうなんです、実は以前掲示板でお会いしております
2010/08/24(Tue) 16:01 | URL | kny | 【編集
フンメルTp協奏曲 ホ長調での演奏
フィルハーモニックオーケストラ・長崎の広報PON太です。2014年9月28日に、関西フィルハーモニー管弦楽団トップ奏者の白水大介氏をソリストに招いて、フンメルのコンチェルトを原調のホ長調で演奏します。
ネットであちこち調べましたが、生の演奏会でもほとんど変ホ長調のようですね。
2014/09/24(Wed) 20:34 | URL | PON太 | 【編集
PON太さまへ
コメントありがとうございます。
そもそもフンメル自体コンサートで演奏されることが少ないのに、それを原調で演奏されるとは大変貴重ですね。
演奏会が成功しますように!
2014/09/26(Fri) 19:46 | URL | 管理人 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。