上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生まれて初めてネットでマウスピースを買いました。しかも同時に2つ。
と言っても実は普通のマウスピースではなくプラスチック製のマウスピース。そしてそのマウスピースに取り付けられる「ブースター」というものも買ってみました。

Brand MouthpiecesBrand マウスピースとブースター
Brandマウスピースとブースター
Scream(左)とLead(右)
ブースターを装着(右)

プラスチック製のマウスピースと言えばケリー(KELLY)が知られてますが、今回買ったのは最近日本に初上陸したという樹脂製マウスピース「Brand Mouthpieces」という名前のマウスピースです。スイスのメーカーらしいです。
普通のマウスピースよりも安いし本格的に使うつもりはなかったので興味本位でネット通販で買ってみました。

>>Brandマウスピース

BrandとKellyBrandとKelly
BrandとKellyBrandとKellyのリム及びカップ比較


Brand Mouthpieces Scream Lead
Scream(左)とLead(右)
樹脂製マウスピースにしてはサイズが豊富でトランペット用は11種類ぐらいあるみたいですね。1 1/2Cや3C、5C、7Cなどがあり、バックに準じたサイズ・形状なのかもしれません。
私が今回買ったのは「Lead」と「Scream」。ネット上にリムのサイズに関する情報は見当たらなかったのですが、現物を見てみたら思ったよりリム径は大きかったです。カップはLeadよりもScreamの方がやや浅いです。
カップの形状は、Screamはややダブルカップに近くほどよく浅いです。LeadはUカップで「Lead」にしては深いと感じます。
リムはどちらもフラットで口当たりはなかなか良いですね。リム表面は光沢がなく、つや消しのようになっていることもかえって好感触です。
そしてバックボアにはややねじれたスプラインのような形状が施されていて、これによりスムーズに息が入るということですが、まずそれはあり得ないと私は思います。

吹いてみた感触は、想像していたよりもかなり良かったです。しっかりした音が出るし吹奏感も快適です。音色も金属製のマウスピースとの違いは感じられません。
LeadとScreamの違いですが、大きな違いはないのですがScreamの方がややカップが浅い分高音域が気持ちよく鳴ります。リード奏者でもScreamの方がおすすめかもしれません。

そして一緒に買ったブースター。このブースターは金属製なので、マウスピースに取り付けることで、非常に軽い樹脂製マウスピースをヘビータイプに変えることができるというもの。
これが一般的なマウスピースにも取り付けられるということなので興味が湧きました。ただしマウスピースの形状によっては取り付けられないものもあります。
さっそくBrandマウスピースに取り付けてみました。ブースターの内側に樹脂製のスリーブがねじ込まれているのですが、このスリーブの位置を調整しマウスピースのシャンクを通します。普通シャンクはテーパーになっているのでスリーブが途中で止まります。このときちょっと強めに押し込むのがコツです。
そしてブースター本体部を回し、マウスピースのリムに密着させればブースターとマウスピースは固定されます。なかなかよく出来てます。

さてその効果は・・・
プラスチック製のマウスピースは軽いため、せっかくの唇の振動を外に逃がしてしまい遠鳴りしづらいと言われてますが、このブースターを取り付けることにより音が素直に前に飛んでくれるような気がします。
また、吹いた時の楽器の振動が金属製のマウスピースを使っているときと同じような感触になり、違和感のないフィーリングを得ることができます。
そして何より一番の効果は、トランペットを構えたときの前後の重量バランスが良くなり、手首の負担が軽くなります。KELLYのマウスピースを初めて使ったときに特に感じたのですが、プラスチック製のマウスピースは重さが軽いため、その分ベルの方が下がりがちになるので手首が疲れるのですが、それが軽減されます。
金属製のマウスピースでも軽めのマウスピースの場合、このブースターを取り付けることで同じような効果を得ることができるでしょう。

このブースター、今まで買い集めたたくさんのマウスピースに取り付けてみるとまた違った感触を得られるので非常に楽しいです。一つ持ってるといいかもしれないです。
家にある様々なマウスピースに取り付けてみましたが、ほとんどのマウスピースに取り付けることができました。その一部を紹介します。

BachBob Reeves 40S
バック(旧刻印)ボブ・リーブス 40S

kELLY Screamerschilke 6A4Z
KELLY SCREAMERシルキー 6A4Z

プラスチック製のマウスピースの利点としてよく言われていることは、金属アレルギーの人でも大丈夫とか、冬の野外ステージでも冷たくならないとかが多いですが、もう一つ、個体差がない、ということも言えると思います。
削り出しで加工する金属製マウスピースの場合、刃物の摩耗によって若干のばらつきが生じることが考えられますが、樹脂製のマウスピースの場合、型でできるので基本的にばらつきはないはずです。
でも使う側としての一番の利点は安いということでしょうかね。

>>Brandマウスピース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。