上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前の話ですが、JoyBrass(旧舶来管楽器シアズ)にYTR-6330B用のピストン・スプリングが入荷したとの情報を頂いたので早速買いに行ってきました。

ティル・ブレナー・モデル用ピストン・スプリング
YTR-6330B用スプリング
YTR-6330Bは通称「ティル・ブレナー・モデル」と呼ばれるトランペットで、ドイツ・オーストリアのみ限定発売のヤマハ・トランペットなのです。
このトランペットのピストンにはヤマハの標準スプリングとは違うステンレス製のスプリングが使われており、そのレスポンスやフィーリングの良さが話題になっていたのです。


私のトランペットYTR-83には今までジュピターのピストン・スプリング(XO用と共通品)を使っていました。ジュピター(XO)トランペット用スプリングの軽快にポンポンと跳ね上がってくる感じがとても気に入っており、この感触はヤマハ純正スプリングとは大違いなのです。

>>  XO バルブスプリング


spring_thumb.jpg
ジュピター/XO用(左)、YTR-6330B用(中央)、ヤマハ純正(右)


最近はピストンのフィーリングにこだわりを持っている人が非常に多く、特にヤマハ・トランペット・ユーザーはピストン・スプリングを他社製のものに交換している人が意外に多いようです。

さて、そんな訳でYTR-6330B用ピストン・スプリングを買いにJoyBrassに行ってきました。
JoyBrassのスタッフY氏は6330B用スプリングとは別に、私が興味を持ちそうなものを見せてくれました。それはヤマハ・シカゴモデル(YTR-9335CHS/9445CHS)用のトップキャップ・ワッシャとバルブステム・ワッシャ。

シカゴモデル(YTR-9335CHS/9445CHS)用ピストン・パッドとYTR-6330B用ピストン・スプリング
ピストン・パッドとスプリング

ワッシャと言っても通常フェルトでできているリング状のパッドです。それがこのシカゴモデル用はやや硬めのスポンジのような素材でできていて、トップキャップ用とバルブステム用のどちらも同じ素材のようです。


私のトランペットYTR-83はもう10年ほど経っており、このフェルトもそろそろヘタってきていたのでタイミングもちょうど良く、これも買って帰りました。

さっそく交換。
こうゆう作業はなぜか夜中にやることが多いです。そして不思議と眠くならないのです。

YTR-83用とシカゴモデル用ピストン・パッドピストン・パッド交換
YTR-83用(左)とシカゴモデル用(右)ピストン・パッド交換


ピストン・パッド交換前ピストン・パッド交換後
パッド交換前交換後


で、交換してみた感想は・・・

まずピストン・スプリング。
今まで使っていたジュピター用(XO用)スプリングと比べ、押し心地が非常に軽いです。
やや軽すぎの感じもあり、速いパッセージでは戻りが追いつかないかもしれないという印象を受けます。あと、軽いだけにピストン&ケーシングはスムーズなコンディションを維持しておかないと、動きが鈍くなってしまうかもしれないという心配もあります。ただ、軽快にポンポンと跳ね上がってくる感触はたまりません。

一方、今まで使っていたジュピター用(XO用)スプリングは、6330B用よりも反発力がやや強く、戻りの速さも問題ありません。そしてなおかつポンポンと跳ね返る軽快なフィーリングを得られます。

どちらがいいかは使う人の好みで分かれると思います。私も今後どちらでいこうかまだ迷っています。
ちなみに、ピストン・スプリングによって音色や吹奏感が違うという話を聞きますが、残念ながらその違いを体感することはできませんでした。


シカゴモデル用パッド装着
シカゴモデル用パッド装着
そしてピストン・パッド。
ピストンを押し下げたときのふわふわ感がなく、止まったときの感触がフェルトよりもはっきりしています。
そのためピストン操作にメリハリのようなものが出てきて演奏中ひじょうに快適です。
ピストン・パッドに関しては悩むことなく今後はシカゴモデル用を使うことにしました。


言うまでもなく楽器というものは「音色」がひじょうに大切です。
しかし管楽器の場合、吹奏感や楽器のコンディションも音色と同じくらい大切だと私は思います。体調が悪いときよりも良いときの方が良い演奏が出来るのと同じように、楽器のコンディションを快適にした方が良い演奏、良い音楽ができると思うからです。

有名なトランペッターがよく言います。
「まず楽器のマイナス要素をなくしましょう。そうすれば演奏に集中できます。そして問題があったときにも楽器のせいにできません」

楽器を自分の好みの状態にするのもこの言葉の意味に近いものを感じます。

・・・楽器のせいにできなくなっちゃうからマイナス要素を少し残しておこうかなぁ。。。



コメント
この記事を待っておりました
突然おじゃまいたします。
先般、スプリングについてメールにてお世話になったKNです。

愚息のXeno UGRSも6330B用に交換しました。
吉野氏には「効果あるといいですね」って言われました・・・
結果は純正のものに比べるとかなり軽くなったようで、成功でした。
本当にアドバイスありがとうございました!感謝しております。
いずれXOも試してみます。

ちょっと驚いたのはパッド。
ネットで見つけて興味が湧き、7月に実物が見たくてイケベさんへ行きました。
かなりしっかりしていて、これは使えそうと思ったのですが、話しの中で店員さんから「ちょっとでも部品替えるとヤマハさんは嫌な顔しますよね」って言われて「へっ?そうなんですか?」
我が家はコンディションチェックをヤマハさんにお願いしてるので止めました。
スプリングは今更変えられないのですけど。
少し不安。

それとご子息のトランペット選定の記事、大変興味深く拝見致しました。
どこでも中学は一緒なんでしょうが、愚息の部活は日曜除いて毎日なのでトランペットを日々持って通学させるのも酷かなと思う半面、レッスンのお師匠様(思いっきりジャズの先生です)からは毎日練習するよう言われており、悩んだ末にZORROを購入しようと考えていたので。
とってもタイムリーで参考になりました。
バックくらいのクラスならお師匠様に同行を頼むのですが・・・私が素人なもんで、こんな時は管理人さん親子が羨ましいです。

ZORRO、ジャズ系初心者には丁度良いかなと勝手に思ってますが、どんなものでしょうか。

長文、失礼致しました。
ブログの更新楽しみにしております。
2011/09/02(Fri) 15:51 | URL | KN | 【編集
KNさま
こんにちは。
スプリング交換されたとのこと良かったですね。もし軽すぎるようでしたらXO用も試されるといいかもしれません。
ZORROについてはこのブログでも去年の9月に記事を書いておりますが、非常に好感触でした。
奏者の意思を柔軟に表現できるのでどんなジャンルでもいけると思います。もしまだ吹かれていないのでしたら一度試奏されるといいと思います。
2011/09/03(Sat) 21:50 | URL | 管理人 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。