上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「1961年元旦の夜、一行は羽田空港に降り立ちました。・・・」

ジャズ専門誌「ジャズジャパンVol.5」の中で、ジャズ愛好家の雑木林進氏がジャズ本を紹介するカルチャー・レビューというコーナーで、記事の中に書かれた一文だ。

"一行"とはアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのことである。
興味が湧いて読み進めていくと、ジャズ・メッセンジャーズの初来日のときに関する話題が書かれていた。

ある本には、「飛行機から降りると、そこは花束を抱えた若い日本女性でいっぱいだった」、またある本には「彼らは空港でキモノ姿の数百人の日本女性の嬌声に迎えられ、それは3年後にビートルズを歓迎するアメリカのファンと同様の熱狂ぶりだった」などと書かれていたことなどが紹介されていた。

今からちょうど半世紀前、当時の日本にとってはあまりに大物すぎるアーティストたちが来日するということで、これほどの熱狂ぶりは当然といえば当然だったのかもしれない。
この初来日したアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのメンバーは、アート・ブレイキーのほか、トランペットはなんとリー・モーガン、そしてウェイン・ショーター(Sax)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)というジャズの歴史を上書きしてきた大物ばかり。

前回の記事で紹介した1958年のジャズ・メッセンジャーズからは、サックスがベニー・ゴルソンに替わってウェイン・ショーターが参加している。
そしてこの初来日時、メンバーの中で一番人気だったのが、トランペットのリー・モーガンだったらしい。

「ん?」・・・「もしかして」

この記事を読んでいて私は以前買ったDVDを思い出した。

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのDVDで、表カバーにリー・モーガンとウェイン・ショーターが写っているのがあったはずだ。
すぐにラックから取り出して見てみた。

「ART BLAKEY'S JAZZ MESSENGERS TOKYO 1961 + LONDON 1965」

そして裏を見てみると・・・「やっぱりそうだ!」

そこに書かれた収録データは、

「TBS-TV Studios, Tokyo, Japan, January 11,1961」

・・・1961年1月11日に東京で収録された映像だ。

初来日を果たしたジャズ・メッセンジャーズはTBSテレビに出演していたのだ。そして何と日本を代表するビッグバンド「原信夫とシャープス&フラッツ」と共演している。
そのときの模様を収録したのがこのDVDだ。

このDVDにはこのほか、1965年にロンドンで収録された映像も入っている。

Art Blakey's Jazz Messengers: Tokyo 1961 & London 1965 (2007) [DVD] [Import]>> amazonで詳しく見る
>> 楽天で詳しく見る

<1961年、東京>
01. THE SUMMIT
02. DAT DERE
03. A NIGHT IN TUNISIA
04. YAMA
05. MOANIN' ※
06. BLUES MARCH ※


Lee Morgan(tp)
Wayne Shorter(ts)
Bobby Timmons(p)
Jymie Merritt(b)
Art Blakey(ds)
※原信夫とシャープス&フラッツ(on 5&6)
<1965年、ロンドン>
07. ON THE GINZA
08. LAMENT FOR STACY
09. THE EGYPTIAN
10. I CAN'T GET STARTED
11. BUHAINA'S DELIGHT

Lee Morgan(tp)
John Gilmore(ts)
John Hicks(p)
Victor Sproles(b)
Art Blakey(ds)



< 前半に収録されている1961年・東京 >
リー・モーガンリー・モーガン
22歳のリー・モーガン
ウェイン・ショーターとリー・モーガン

リー・モーガン

リー・モーガン
原信夫とシャープス&フラッツと共演するアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズビッグバンドをバックに熱演するリー・モーガン


< 後半に収録されている1965年・ロンドン >
リー・モーガンリー・モーガン
リー・モーガンとジョン・ギルモアがフロントを務める。このときリー・モーガンは26歳

このDVDでのリー・モーガンは、1961年の日本では22歳、1965年のロンドンでは26歳。

前回の記事で紹介したベルギーでのコンサートを収録したDVDと比べると画質は落ちるが、リー・モーガンのプレイはやはり素晴らしい。
そして、特にすごいのが「A NIGHT IN TUNISIA」でのリー・モーガンの最後のカデンツァだ。約1分間ものすごくかっこいいソロを吹く。この1分間のためだけでもこのDVDを買う価値はあると思ってしまうほどだ。

そして原信夫とシャープス&フラッツと共演しているのは5曲目「モーニン」と6曲目「ブルース・マーチ」の2曲のみ。
日本を代表するビッグバンド、シャープス&フラッツもここではさすがにやや脇役的な印象を受ける。しかしこのテレビ放映が、この2曲が日本でも人気曲になるきっかけになった映像といってもいいのかもしれない。


ベルギーのコンサートDVDに続いてこちらもリー・モーガンのファンにはたまらない一枚だと思う。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。