上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BUDDY RICH ALL-STAR ALUMNI BIGBAND 毎日昼休みに会社のパソコンでブルーノート東京の新規公演をチェックするのが日課となっている。
ある日の昼休み、いつも通りブルーノート東京のホームページを開いた途端、目に飛び込んできた「BUDDY RICH ALL-STAR ALUMNI BIGBAND」の文字。

胸騒ぎがした。

早速リンク先の詳細ページへ飛び出演メンバーを確認。
その瞬間全身が熱くなった。
トランペットのメンバーがなんと、Chuck Findley、Charley Davis、Bob Coassin、そしてEric Miyashiro!
さらにBob Sheppard(Sax)やPeter Erskine(Dr)の名前まである。
日程は6月後半の平日4日間。こんなすごいメンバーで構成されたビッグバンドを聴ける機会なんてそうはない。どの回を聴くべきかかなり悩んだ挙句、すべての公演日を1日1ステージずつ4回分予約した。

このライブ、なんといってもトランペットのメンバーが凄すぎる。こうなるとポジションが気になって仕方がない。誰が何番を吹くかということだ。それを考えると夜も眠れない。
私なりに立てた予想は、Lead Eric、2nd Chuck、3rd Charley、4th Bob。
チャーリー・デイビスが3rdというのは普通じゃ考えられないけどこのメンバーじゃ仕方がなかった。だってエリックさんのリードは動かせられないでしょ、ましてここは日本だし。チャック・フィンドレーの2ndは絶対間違いない、100%自信あり。そうするとチャーリー・デイビスには3rdに座ってもらうしかなくなる(ブルーノートは椅子ないか)。ボブ・コアシンは正直あまりよく知らなかったので4th(ごめんなさい!)。チャックと一緒にジェームス・ラスト楽団で吹いてたということしか知らなかったけど実は過去にバディ・リッチでリード・トランぺッターだったことをあとで知った。

そして話しは飛んでライブ当日。
6月24日(月)、初日は1stステージを予約していた。この日の席はど真ん中の前から2番目。ドラムもラッパもよく見える。ドラムセットは前後に2つセットされている。

バディ・リッチ・アルムナイ・ビッグバンド

バディ・リッチ・アルムナイ・ビッグバンド

とにかくラッパのポジションを知りたくて始まるまで待てなかった。すると会場にエリックさんを発見、すぐに挨拶しに行きさっそく「ラッパのポジション教えてください!」と。

「ボブがリード、チャックが2nd。僕は3rd。チャーリーは都合により来られなかったんだ。代わりに佐久間くんが4番にトラで入るんだ。」

エリックさんがリードじゃないのと、チャーリー・デイビスも欠席。これは正直かなり残念だった。このバンドこそエリックさんにリードを吹いてもらいたかったし、チャーリー・デイビスは姿だけでもナマで見てみたかった。

時間になりメンバー登場。
あれ?
サックスが4人しかいないことに気付いた。なんと楽しみにしていたテナーのBob Sheppardがいない。これまたすごく残念。
そして今回ドラムは3人の名前が発表されていたいたが、まず登場したのがグレッグ・ポッター(Gregg Potter)。この人よく知らなかったがビジュアルはまるでジョニー・デップ扮するシザーハンズだった。
そして肝心のトランペット・セクション。聞いていたとおり向かって左からチャック・フィンドレー、ボブ・コアシン、エリック宮城、佐久間勲と並ぶ。

まず1曲目、シザーハンズがビートを刻みはじめ、カウントを合図に「DANCING MAN」が始まった。すごい大音量で会場大盛り上がり。1曲目からこんなに盛り上がっちゃっていいの?ってぐらいパワフルな演奏で、ラッパセクションもバリバリ吹きまくっている。
リード・ラッパがよく鳴ってるなぁ、と思ったらチャック・フィンドレーがリードを吹いている。チャックの音は相変わらず密度が濃く図太い音でよく飛んでくる。
大音量、大迫力の演奏は盛り上がるし楽しいけど、このドラムちょっと叩きすぎじゃない?とやや冷静に聴き始めてしまった。普通のビッグバンドだったら絶対にバンマスに「ドラムうるさいよ!」って言われるだろう。サックスのソロのときも音量が下がることはない。これじゃあラッパもたまらないだろうなぁ、と思って聴いていたが今回のこのメンバーやはり半端じゃない。こんな大音量の中でもパワフルに吹ききってしまう。一流リード奏者が4人集まるとさすがに無敵である。

続く2曲目、「GROOVIN HARD」。アマチュアバンドでもよく演奏される曲なだけに始まった途端に大歓声。私も感激した。
この曲はボブ・コアシンがリードを吹いているがあまり聴こえてこなかったのが残念。このバンド、なにしろドラムが常にフォルテシモで叩いているからバンド全体の音量がものすごい。この状況でリードをこなせるのはパワーだけじゃなく「通る音色」の持ち主じゃないと務まらないのだろう。なんたってボブ氏の両隣はその「通る音色」の持ち主である。仕方ないよね、と勝手に納得した。

3曲目、同じく大迫力で始まった曲はなんと「NUTVILLE」。これもお客さん大喜び。そしてさらに嬉しいことにリードはエリックさんだ!「そうそう、このサウンドを聴きたかったんだよ!!」と心の中で叫んでしまった。やっぱり違うよエリックさんのリード。こんなにも違うものかね、とエリックさんの凄さを再認識。大迫力の演奏の中をひときわ響くハイAが貫いてくる。その度に客席から歓声が起きる。みんな同じ気持ちなんだ。
そして途中チャックがアドリブ・ソロを華麗に演奏する。その姿を食い入るように見つめ続けるエリックさんも印象的だった。

4曲目は「KEEP THE CUSTOMER SATISFIED」。冒頭のテーマからラッパセクションは相変わらず鳴りまくり。リードはボブさんのようだ。

そして次の曲。ステージの両サイドに設置されている大画面モニターから、白黒のかなり古い映像が流された。バディ・リッチ楽団をバックにバディの娘キャシーが「BEAT GOES ON」を歌っている映像だ。
しばらくするとリズムセクションがリズムを出し、映像と同じ曲のイントロが始まった。ステージには本物のキャシー・リッチ(Cathy Rich)がニコニコしながら立っている。大歓声の中、映像と違った大人の歌声を聴かせてくれた。キャシーはこの一曲しか歌わなかったのがちょっと残念。

さて次はいよいよゲストのピーター・アースキンが登場。リズムセクションから始まるブルースはこの日初めてのミディアム・スロー。このイントロだけで会場の空気が一変したように感じたのは私だけじゃないはず。
ホーン・セクションが吹き始め「BASICALLY BLUES」が始まった。お客さんはほとんど皆ピーター・アースキンに注目しているようだ。なんたってこの切れの良さ、絶妙なタイム感、おかずのセンスの良さ、すべてが違う。ドラムが変わるとバンドのサウンドもずいぶん変わるものだ。リードラッパはチャック・フィンドレー。

アースキンが叩く2曲目「MACHINE」。切れのあるドラムはこの曲のようなスリル感のある演奏をさらに盛り上げる。この曲もチャックがリードを吹いている。

そして次の曲。ピーター・アースキンが速めの4ビートを刻み始めたとき、「もしかして!」と思った。多くの人がこの曲を期待していたのではないだろうか。始まった曲は「LOVE FOR SALE」。会場の熱気は一気に頂点に達した。
途中のトランペット・ソロをチャック・フィンドレーが吹く。難しいこのソロをチャックは鮮やかに吹く。そしてその姿をエリックさんはまた見つめている。

ピーター・アースキンのプレイはバンド全体のサウンドをビシッと引き締めるほど切れがあるのだが、見ていると実に柔らかで全身の力が抜けものすごくしなやかな動きだった。その貫録のあるプレイをもっと見たかったがここでまたドラムが入れ替わる。

キャシーの紹介で登場したのはキャシーの息子、すなわちバディ・リッチの孫のニック・リッチ(Nick Rich)。
腕や首にまでタトゥーを入れたニックはまるでやんちゃ少年のような振る舞いで観客を沸かす。

ニックがバンドに加わって演奏した曲は「MERCY, MERCY, MERCY」「SLOW FUNK」「BEULAH WITCH」の3曲。ピーター・アースキンの3曲で4ビートムードだった会場が一転して今度は8ビートで盛り上がる。

ガンガン叩きまくるニックだが、しっかりしたテクニックもありビートにきちんとバンドを乗せている。ドラムソロも聴きごたえがあり存分に楽しませてくれた。ただ3曲ともほぼ同じテンポ、同じ曲調の8ビートだったのが残念。ニックの4ビートを聴きいてみたかった。

最後の曲が終わると会場からはアンコールを催促する拍手が鳴りやまない。キャシーがピーター・アースキンをステージに呼び、アンコールに応える。アースキンのジャズワルツのイントロから始まったのは「WILLOWCREST」。アースキンがプレイするこの曲はものすごくかっこ良かった。途中のチャック・フィンドレーのトランペット・ソロもパワフルかつメロディックで素晴らしかった。


今回のBUDDY RICH ALL-STAR ALUMNI BIGBANDのライブ、トランペット・セクションのメンバーがあまりに魅力的だったので公演日4日間とも聴きに行ってしまったが、全体を通しての一番の感想としては、私はトランペット吹きなのでやはり「エリックさんにリードを吹いてほしかった。」ということに尽きる。もちろんこのモンスターバンドで最後まで吹ききったボブ・コアシンさんも本当にすごい人だと思う。しかし正直なところ、必死に吹いている感じが音からも伝わってきたし、やはりサウンド的にもエリックさんレベルの太く確実なハイノートを耳が要求してしまうのだ。
もう一つ言えることは、2日目以降のライブがおすすめという点だ。初日の演奏は2日目以降の演奏と比べ、ややぎこちなかった。曲目や曲順、ライブの構成も2日目から変わり初日より2日目以降のほうがライブが盛り上がっていたように感じる。また、最終日は通しで聴いたが、1stより2ndの方が明らかにお客さんもミュージシャンも盛り上がっていた。

BUDDY RICH ALL-STAR ALUMNI BIGBAND

BUDDY RICH ALL-STAR ALUMNI BIGBAND


>>ブルーノート東京HPの写真付きレポートはこちら

最後に今回私が聴いたライブのセットリストを書いておきます。

2013 6.24(月)1st
1.DANCING MAN
2.GROOVIN HARD
3.NUTVILLE
4.KEEP THE CUSTOMER SATISFIED
5.BEAT GOES ON
6.BASICALLY BLUES
7.MACHINE
8.LOVE FOR SALE
9.MERCY, MERCY, MERCY
10.SLOW FUNK
11.BEULAH WITCH
12.WILLOWCREST
 

6.25(火)2nd
1.DANCING MAN
2.NUTVILLE
3.KEEP THE CUSTOMER SATISFIED
4.BEAT GOES ON
5.BASICALLY BLUES
6.MACHINE
7.WILLOWCREST
8.MERCY, MERCY, MERCY
9.SLOW FUNK
10.(ピアノ・トリオ)
11.BEULAH WITCH
12.LOVE FOR SALE


6.26(水)1st
1.DANCING MAN
2.NUTVILLE
3.KEEP THE CUSTOMER SATISFIED
4.BEAT GOES ON
5.BASICALLY BLUES
6.MACHINE
7.WILLOWCREST
8.MERCY, MERCY, MERCY
9.SLOW FUNK
10.(ピアノ・ソロ)
11.BEULAH WITCH
12.LOVE FOR SALE


6.27(木)1st
1.DANCING MAN
2.NUTVILLE
3.KEEP THE CUSTOMER SATISFIED
4.BEAT GOES ON
5.BASICALLY BLUES
6.MACHINE
7.WILLOWCREST
8.MERCY, MERCY, MERCY
9.SLOW FUNK
10.(ピアノ・ソロ)
11.BEULAH WITCH
12.LOVE FOR SALE

6.27(木)2nd
1.DANCING MAN
2.NUTVILLE
3.KEEP THE CUSTOMER SATISFIED
4.BEAT GOES ON
5.BASICALLY BLUES
6.MACHINE
7.WILLOWCREST
8.MERCY, MERCY, MERCY
9.SLOW FUNK
10.A CHILD IS BORN(ピアノ・ソロ)
11.BEULAH WITCH
12.LOVE FOR SALE
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。