上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今もっとも熱いトランペッター」と言ってしまおう、イタリアのジャズ・シーンをリードするジャズ・トランペッター、ファブリツィオ・ボッソ(Fabrizio Bosso)が9月に来日するそうです。

ファブリツィオ・ボッソ(Fabrizio Bosso)


最近すっかりこの人にはまっておりまして、毎日通勤時、車の中で聴いております。
CDは6~7枚持ってますが、どれもハズレがありません。

ボッソの演奏を一言で表現するならば、「現代版ハードバップ」といった感じでしょうか。
「ゆったりとジャズを楽しむ」というよりも、たとえバラードであっても熱く、情熱的で、気楽に聴くつもりでいても、気が付くと彼の音楽に引き込まれています。

アップテンポの曲では「これでもか」という感じでフレーズが絶えることなく続いていく。しかもそのフレーズは緻密でメロディック、緩急あり、オルタードあり、フラッタータンギングあり・・・よくまぁこんなに出てくるねと言いたくなる。

そんなファブリツィオ・ボッソが9月に来日するのです。
以前来日したときには行かれず涙をのんだので、今回こそは絶対行きます!


ファブリツィオ・ボッソ 来日公演スケジュール

ブルーノート東京   2010年9月20日(月)~22日(水)
ブルーノート名古屋 2010年9月24日(金)

>>ライブレポート(9/20)はこちら


【ファブリツィオ・ボッソのCDいろいろ】

Black Spirits~Freddie Hubbardに捧げるBlack Spirits~Freddie Hubbardに捧げる
ファブリッツィオ・ボッソ・ニュー・プロジェクト

曲名リスト
1. ナットビル
2. ブラック・スピリット
3. ボディ&ソウル
4. アップ・ジャンプド・スプリング
5. ア・ナイト・イン・チュニジア
6. ドゥー・ユー・ノウ・ホワット・イット・ミーンズ・トゥ・ミス・ニュー・オリンズ
7. バブル・オン
8. エ・ラ・キャーマノ・エスターテ
9. ボッサンド
10. ディジーズ・ブルース

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファイヴ・フォー・ファン(6ヵ月限定スペシャル・プライス)ファイヴ・フォー・ファン(6ヵ月限定スペシャル・プライス)
ハイ・ファイヴ

曲名リスト
1. ファイヴ・フォー・ファン
2. オホス・デ・ロホ
3. コズィ・コメ・セイ
4. パンダグル
5. ハッピー・ストロール
6. エストゥディオ・ミステリオーソ
7. インセプション
8. エヴァンズ・イーヴン
9. ニノズ・フラワーズ
10. ナティ
11. ア・シェイド・オブ・ジェイド (日本盤ボーナス・トラック)
12. リジア (日本盤ボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ローマ・アフター・ミッドナイトローマ・アフター・ミッドナイト
ファブリッツィオ・ボッソ・クインテット マイク・メリロ ファブリッツィオ・ボッソ ダニエル・スキャナピエコ マッシモ・モリコーニ ロレンツォ・トゥッチ

曲名リスト
1. EYE OF THE URRICANE
2. CEORA
3. HONEYSUCKLE ROSE
4. ROAD SONG
5. JOHNNY COMES LATELY
6. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
7. BIRDLIKE
8. HAVE YOU MET MISS JONES
9. CRISIS
10. THERE IS NO A GREATER LOVE
11. I REMEMBER APRIL

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トランペット・レガシートランペット・レガシー
ファブリッツィオ・ボッソ フラビオ・ボルトロ・クインテット

曲名リスト
1. Moontrane(Woody Shaw)
2. Woman's Glance(Fabrizzio Bosso)
3. Daahoud(Clifford Brown)
4. Little Sunflower(Freddie Hubbard)
5. Delfeayo's Dilemma(Wynton Marsalis)
6. Everything Happens To Me(Matt Dennis)
7. Big Butter And Eggman(Louis Armstrong)
8. Whoopin' Blues(Traditional Arr.F.Bosso)
9. Lotus Blossom(Kenny Dorham)
10. First Smile-Jazz A Doc(Flavio Boltro)
11. Eighty One(Ron Carter)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
最近ジャズ・トランペット界で話題になっているCDがある。

原 朋直と松島啓之のダブル・トランペット「Go Straight!」。
さっそくアマゾンで買いました!

gostraight.jpg

トランペット2人でジャズをやる場合の曲の構成は、大抵まず一人ずつソロをとり、続いて8バースや4バース、そしてよくあるのが終盤でハイノート合戦になって締めくくる。トランペットって熱くなってくるとなぜだか音域が上がっていきますよね。
ところがこのCDでの2人の演奏はぜんぜん違います。
一人が吹き始めたかと思うともう一人が絡んでくる。トランペット・バトルとよく言うが、「バトル」と言うより「会話」という感じでお互い自由に吹きたいように吹いている。

選曲もスタンダードな曲ばかりで好印象ですね。
私が特に気に入ったのは、「You're My Everything」と「Lotus Blossom」。
「You're My Everything」はゆったりと2人がリラックスして自由に吹いている感じがいいですね。
「Lotus Blossom」は対照的にスリリングな演奏が聴けます。

そして2人はそれぞれ1曲ずつソロの演奏もしている。
原 朋直は「Someone To Watch Over Me」、松島啓之は「My Ideal」。
どちらも型にはまらない自由なプレイをしているという印象を受けました。

このCDで個人的に気に入った点がもう一つ、私の大好きなピアニスト、ユキ・アリマサさんが参加しているところ。
原さんとのコンビはずいぶん長いですよね。大変きれいなサウンドを聴かせてくれます。

Go Straight!Go Straight!
原朋直&松島啓之

1. You're My Everything
2. Lotus Blossom
3. Poinciana
4. Someone To Watch Over Me
5. My Ideal
6. Jitterbug Waltz
7. Stella By Starlight
8. Whatever

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ダブル・トランペットといえば、他にも様々なCDがあるので紹介しましょう。

今回紹介しました原 朋直さんは以前ブライアン・リンチ(Brian Lynch)と一緒に大変すばらしいCDを残しています。↓

hara_brian.jpgDo That Make You Mad?

1. Speedball
2. East 4th
3. DTMYM
4. Marissa's Mood
5. I Remember Clifford
6. One For Mogie
7. Homiletic
8. Her Excellence My Dear
9. Daahoud

原 朋直(Tp)
Brian Lynch(Tp)


< その他のダブル・トランペットCD >
Trumpets No End
Trumpets No End
Bobby Shew(Tp)
Chuck Findley(Tp)
The Complete Freddie Hubbard and Woody Shaw Sessions
The Complete Freddie Hubbard and Woody Shaw Sessions
Freddie Hubbard(Tp)
Woody Shaw(Tp)
クリフォード賛歌
クリフォード賛歌
Freddie Hubbard(Tp)
Woody Shaw(Tp)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。