上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近年をとってきたせいなのか、単なる練習不足なのか(たぶん後者)奏法が安定しない。
吹き始めてから自分本来のアンブシュアにたどり着くのに時間がかかる。それどころかたどり着かないこともしばしばある。
音は響かないし高い音も出ない。そしてすぐバテる。
逆に調子がいいと高い音も低い音もよく鳴るしバテない。
自称トランペット奏法研究家(!)としては調子が悪い時ほどよく感察(「観る」ではなく注意深く「感じるとる」こと。私が勝手に作った言葉)するもので、あれこれいろんなことを考えたり試したりし、そして意外にもそれなりの答えが出たりする。
そこで今回は、奏法論では比較的重要視されることの多いテーマ、「アパチュア」や「エアー」について私なりの考えを書いてみようと思います。あくまで私なりの考えを勝手に書くわけで、正しいかどうかはわかりませんし、この考えがいずれ変わるかもしれません。


よく「アパチュアの大きさ」っていう表現を耳にします。私もよく使います。
でも最近、こういう概念自体が良くないんじゃないかなって思うんです。というより無意味かなと。

「アパチュアを大きくした方が良い」とかよく言いますが(私もたまに言いますが)本当に「アパチュアの大きさ」に着目するべきことなのか?

物理的に考えれば、唇の隙間から空気が出るわけですからその隙間の大きさって確かに存在するのかもしれません。
でも本当に重要なのは隙間の大きさ(つまり二次元的な表現で言えば面積)よりも、唇の振動(つまり運動量やその仕方)だと思うんです。

そもそもトランペットを鳴らすためには空気を吹き込む必要なんてないんです。楽器の中の空気をうまく振動させることができるのであれば逆に吸い込んだって音は鳴るわけですし、吸って唇をたくさん振動させることができればフォルテシモだって出るわけです。
つまり、息を吹き込んだりして楽器の中の空気を移動させる必要はないわけですよね。

ずっと前からやってみたいと思ってることがあるんです。バズィングの音を録音して小さなスピーカーで鳴らすんです。でもただ鳴らすんじゃなくて、そのスピーカーをマウスピースのリムに取り付けるんです、もちろん楽器も取り付けて。そうしたらベルからはトランペットの音がするんじゃないかなって。
実際にトランペットらしい音が出るかどうかは疑問ですが、このように、楽器の中にエアーを送り込まなくても空気が振動さえしてくれれば音は鳴るはずです。
でも、人間がトランペットを口に当て、音を出すためには唇を震わせる必要がある、唇を震わせるためには息を吐く必要がある、だから息を吐いている、ということになるわけです。

かなり回りくどい説明をしてしまいましたが、要は、いかにして楽器の中の空気を理想的な音色になるための波形に振動させるか、ということになるんじゃないかなと思うのです。
そして肺には限られた量の空気しか入らないのですから、「いかに効率良く」という要素が加わるわけです。つまり、少しのエアーでたくさん唇が振動したほうがいいわけです。

「アパチュアを大きくした方が良い」とよく言われるのは、「大きくしたほうが太く豊かな音色が出るから」という考え方があるからだと思います。
それならば、実際に見たことのないアパチュアの大きさをイメージし漠然と大きくすることを考えるよりも、常に自分の出したい音や理想の音色をイメージしながら様々な練習をしていくことが、結果として最適なアパチュア、そして理想的なアンブシュアに近づいていくのではないでしょうか。

トランペットを吹いているときの口周辺の状態というのは、たとえば息の圧力、マウスピースの圧力、唇の寄せ具合、唇の柔らかさ、舌の位置や形、歯、アゴ・・・などたくさんの物理的な要素が絡み合い音を発し、それを耳で受信し脳が判断し、またたくさんの物理的な要素にフィードバックされ瞬時に修正される。このフィードバック作用が連続的に行われていると考えられます。
さらには使っているマウスピースのサイズや形状、そしてもちろん楽器本体の特性なども上記の要素に大きく影響するわけです。

これほどたくさんの要素が非常に微妙にバランスをとりながらその人の音色を作り出していると言えると思うのです。この様々な要素の「バランス」がものすごく大切のような気がするのです。

アパチュアや特にエアーに関してはやたらに重要視されているように思うのですが、すべてのバランスが整ってこそ自分の思い通りの音楽が表現できるものと思います。


極論を言ってしまえば、良い演奏ができればどんな奏法だっていいんじゃないかな・・・なんて。


オランダのMelissa Venema (当時12歳)

MELISSA VENEMA
http://www.melissavenema.nl
スポンサーサイト
昨日は横浜元町のダンスホール「クリフサイド」で隔月恒例のダンパがありました。
本番は3ステージで合計30曲ぐらいなのかな?

で、いつものようにリハもかなりの曲数を吹きました。
昨日はX'masものの新曲がたくさん用意されていたのでリハはいつもより曲数が多かった。なんと2ステージ分全曲演りました。



リハと本番合わせて50曲ぐらい吹いたと思います。
本番では一曲演奏が終わると即座に次の曲のカウントが入ります。ほんとに唇が休まる時間がありません。

そんな過酷な試練が2ヶ月に一度あるのです。

ダンパでの私の最大の課題は、

「最後の曲までもたせること」

この課題をクリアさせるために日々行っていることがあります。
それは、毎日の通勤時、片道30分の行き帰りの車の中でマウスピースを片手にトレーニング。
マウスピースの先端を手で包むように持ち、抵抗をつくります。
そしてマウスピースだけでもちゃんとウォーミングアップから始めます。
徐々に唇を慣らしていき充分に唇がほぐれてきた後、ひたすらシェイクやらハイノートやらを吹きまくります。
毎日帰宅が遅いので平日はほとんどラッパを触ることができないので時間の有効利用のつもりでやってます。

これは完全にダンパのためです。
それなりに効果はあるようですが、それでも3ステージ目の後半の曲では私のスタミナの限界付近でギリギリの演奏をしています。

そして、半年ぐらい前の本番の日に気が付いたことがあります。
それは・・・

本番でバテることを恐れてウォーミングアップやリハーサルで手を抜くことが逆効果であるということ。

それまで本番の日は、ウォーミングアップもほどほどで終わらせ、リハでも心配なところやリードTpが抜けては困るところだけ吹き、それ以外は休むようにしていました。

しかし半年前の本番の日、試しにしっかりウォーミングアップをやり、リハでもきっちり吹いてみたのです。
すると本番の最後の曲までもったどころか、まだ何曲か吹けるほどの余裕もあったのです。

リハで吹きすぎるのはやはりバテに繋がると思いますが、バテないようにと小さい音で吹くのは余計にバテさせてしまうようです。これ一番良くないみたいですね。
しっかりとエアーを使いきちんと音量を出すことは、唇や口の周りの筋肉の疲労を補ってくれるようです。

で、昨日のダンパでも早めに会場入りし、充分に時間をかけてじっくりとウォーミングアップし、リハでもきっちりと吹きました。

リハと本番合わせて約50曲、もちろんキツかったけど、最後の曲まで吹ききることができました。
半年前の本番のときほど余裕はありませんでしたが、やはり充分な口慣らしは効果があるようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。